hashimoto_logo.png

btn_mail.pngbtn_mail.png
親子の笑顔を広げたい!愛情いっぱいの子どもたちを育てたい!

hashimoto_profile.png
幼児教育アドバイザー / 親子コミュニケーション教室 ふぁんふんアカデミー代表
日本ポテンシャルプロファイリング協会 マスターインストラクター ベビーマッサージセラピスト
日本アロマテラピー協会認定チャイルドケアコーディネーター
橋本 有佳子 hashimoto yukako

愛知県在住。大学卒業後、河合塾ドルトンスクール講師として13年間、
子どもの自立心・個性を育てる幼児教育に従事。その後、独立。
乳幼児教育の経験とコミュニケーション心理学をもとに、子どもの五感を活性化する愛着形成プログラムを提供するふぁんふぁんアカデミーを創設、代表となる。五感を刺激しながら、同時に、自己肯定感・主体性を育てるカリキュラムは、これまで1,000組以上の親子が受講している。
自身も2人の子育てを経験しており、実践的な育児ノウハウが不安を抱える親たちの心の支えとなっている。また、「赤ちゃん学」認定講師制度を作り、子育てに悩む親たちの子育て教育の場を数多く提供していくなど、幅広く活躍している。
親子コミュニケーション遊びCD『大好きごっこ』は口コミで人気を博している。
2016年、聞くだけで子どもの脳と心を育むCDブック出版
ミッションは「子どもたちの心を愛で満たす」。

top_banner_profile.png

こんにちは。親子コミュニケーションアドバイザーの橋本有佳子です。

みなさんは、かわいい我が子に毎日笑顔で楽しく、
きらめく乳幼児期を過ごしてほしいですよね!
はい。
ほとんどのママがこう答えると思います。
そして、少しでも多くの可能性を開花させてあげたい、と。
ところが、いざ母になると、24時間終わりのない育児に、家事、社会からの孤立感…など、
満足のいく日々を過ごすのはなかなか難しいのが現実です。
仕事で乳幼児教育に長年携わっていた私でさえも、思うようにならないことばかりの連続、
迷いの日々に自信を失いかけていました。


ではなぜ、乳幼児教育を仕事にしていきたいのですか?
私がこの仕事を天職だと思ったのは、自身の長男の病気がきっかけです。
長男が2歳のとき生死に関わる病気を患い、「この子を亡くしてしまうかも」と思ったときに、
どうして今まで小さなことでイライラしてしまったんだろう、
かけがえのない乳幼児期に私は何をしていたんだろう、と涙がとまらなくて。


縁あって私を選んでくれたこの子との絆をもっと大切にしよう。
今しかない時期をもっと楽しもう。
そして、私だけでなく、多くのママ達が親子の出会いの奇跡に気づき、
楽しく充実した子育て時期を過ごせるよう応援していこうと思ったのです。


心の成長に大事な「3歳まで」の黄金期。何をしたらいいのですか?
今はインターネットでさまざまな情報があふれている時代。
我が子のためにがんばりすぎてしまうママも多いかもしれません。

私が大切にしたいことは、いたってシンプル。
心が愛情であふれている子ども達を育てること。
そうすることで、子どもの「自己肯定感」が育まれます。

子どもが問題を起こすのは、寂しい気持ちを埋め合わせるため。
3歳までの大事な時期に愛情をたっぷり受け、
ママは自分の絶対の味方だ!という確固たる自信が自己肯定感につながり、
子どもはいろんなことにチャレンジしていくことができます。
しいては、その子の今の瞬間も輝くのです。
自己肯定感を持っている子は、ストレスにも強いといわれています。
これからの時代、「人間力」を大事にしていきたいですよね。


自己肯定感はどうやって育んだらいいのですか?
勇気づける言葉かけと、子どもを認めること。
ママが「この子ってすごい!」「天才じゃん!」と心から思って
肯定的に育てられた子、認められて育った子は、
自己肯定感を持ち、すごい力を発揮できます。


心から自分の子どもを信頼し、認めること。
それは、まず、自分の子どもの気質を知ることが大事。
誰しも、自分をベースに考えてしまいがちですが、
子どもが生まれながらに備えた気質は、ママとは全く関係ありません。

2児の母である私ですが、長男は考えるよりまず行動するタイプ。
次男は考えてから動くタイプ。
そして私は、考えてから動くタイプです。
次男はとても育てやすかったのですが、
長男はじっとしているのが苦手で、どんなに注意しても動き回り、ケガをしてばかり…。
そんな彼の行動が私には全く理解できず、イライラ、イライラ。

でも彼の気質を知ってから、行動ひとつひとつが理解でき
私の気持ちもすーっとラクになりました。
そして、私の接し方が変わったことで、
長男からも「大好きなママになった〜!」といわれるようになり、
伸びやかな表情が見られるようになったのです。

その子その子に合った子育てが、何より大切なんですね。


もし私が気づかなければ、彼の個性をつぶしてしまっていたかもしれません。
個性は親がつぶしてはいけないし、
親の好みに引き寄せるものでもないと思うのです。


ところで、ママは毎日笑顔で過ごせていますか?
ママの笑顔は、子どもにとって何より幸せのもと。
日々育児に奮闘しているママ達が、ほっと肩の力を抜ける場所。
赤ちゃん&子どもについて学べる場所。
ママ同士が交流できる場所。
ごはんを食べたりお茶できる場所。
子どもが習い事をできる場所。

それらが1ヵ所に集まり、毎日気軽に遊びに来られて、みんなが笑顔になれる、
ママと子どものテーマパークを作りたいと思っています。

子どもが好きで、子ども&ママのために
一緒にがんばってくれる同志「はぐくみ先生」も募集しています。
近い将来、さまざまな場所で
ママ&子どものテーマパークが花開きますように。

子どもに、たっぷりの愛情を。
知識より経験をプレゼントしていきたい。
ママには、充実した乳幼児期をともに過ごせるお手伝いを。
笑顔あふれるママ&子ども、
そして同じ思いを持つ同志に出会えることが
私の幸せです。

橋本 有佳子       




申し込みはお電話またはメールにて
☎052-352-7766 平日9:00〜17:00
●パソコンメール : fanfan8410@gmail.com (24hOK)
●ケータイメール : fan.fan@softbank.ne.jp (24hOK)
  ※レッスン中でお電話に出れないことも多いので、その場合は留守番電話にメッセージを残してください。折り返しお電話いたします。